JAバンク東京信連

金融機関コード3013

JAバンク東京信連の採用情報

先輩の声

<先輩の声>

山本 由希菜

インタビュー

 
(営業部 法人営業課 2013年入会)
 

現在の仕事の内容を教えてください。

 営業部では、JAや企業からお預かりしている資金を原資に、農業者や農業団体、地方公共団体への融資、また、東京都に事務所等を有する農業関連産業、地場産業や一般企業に対しての貸付業務を行っています。なかでも、私が所属する法人営業課では、一般企業に向けた融資の提案、一次審査に加えて、新規企業への取引開拓等を行っています。法人のお客様に融資の提案に行く際は、自分の行動がJAバンク東京信連としての印象に直結するので、事前準備をしっかりと行い、何度もお客様へ訪問することで、企業との信頼関係を構築しています。また、多岐にわたる業種の企業を担当しており、様々な企業の担当者と話す機会があるので、刺激を受けることも多いです。法人営業課の業務は、当会の融資残高に直結するので、責任は大きいですが、業務成果が数字となって表れることに加え、目標に向かって自分の裁量で業務を進めることが出来るので、日々前向きに業務に取組んでいます。

仕事を通じて学んだこと、今後の目標を教えてください。

 課内では、営業担当、事務担当の区分けはなく、取引先の巡回から事務作業まで、一貫して任されることが多いのですが、その分、課内でコミュニケーションを積極的にとり、全員で情報を共有することが大切であると感じています。繁忙日は事務作業に対する注意力が散漫になってしまいがちですが、ミスを起こしてしまうと、課内だけではなく、お客様にまで迷惑を掛けてしまい、当会の信頼を失墜しかねません。したがって、自分の行動は信連の信用に繋がっているということを常に意識し、責任感を持って業務に取組むことを心がけています。
 今後の目標については、様々な仕事を任せてもらえるような存在になりたいと思っています。また、取引先から「信連の担当者が山本さんで良かった」と思ってもらえるような営業担当者になれるよう、努力していきたいです。

職場はどのような雰囲気ですか。

インタビュー

 職場内は、人間関係がよく、尊敬できる上司・先輩がいて、とても明るい雰囲気です。相談しやすく、問題に直面した際は一緒になって考えてくれる上司や先輩方が多いので、風通しのいい環境であると思います。課内では、抱えている業務によって個人の業務量が違ってくるので、業務量の平準化を図れるよう、各自でフォローし合って業務に取組んでいます。また、業務以外では、クラブ活動や職員旅行等のイベントも充実しており、部署間を超えた職員交流も盛んに行われています。

 

就職活動中の学生へ一言お願いします。

 当会は、男性・女性関係なく、1年目から責任のある仕事を任せていただけるので、責任感とやりがいを得ることのできる機会が多い職場であると思います。また、育休制度や産休制度、時短勤務等、働く女性をサポートする制度も整っているので、女性が長く勤められる企業です。
 就職活動は上手くいかないことも多く、大変だと思いますが、自分を見つめ直すいいチャンスだと思います。ぜひ様々な業種の人の話をたくさん聞いて、自分に合った企業を見つけてみてください。就職活動を終えたときに、いい経験だったと思えるような就職活動になることを願っています。

 
 
渡辺 雄太

インタビュー

 
(JAバンク支援部 支援課 2014年入会)
 

どのような就職活動だったか、また当会を志望した理由を教えてください。

 人の生活を支えられる仕事につきたいと考えていました。インフラ系を主に活動していくうえで、金融機関を視野にいれるように。人にとって当たり前となっているライフスタイルを、当たり前に支えたいと思いました。
 振り返ってみると、学生時代は人がやりたがらないが誰かがやらなければいけないことを、積極的に行ってきました。文化祭や修学旅行委員、体育会の運営本部担当など、その中でも決して目立つことはないが、必要とされることにやりがいや喜びを感じてきました。その経験を仕事でもつなげたいと思い、農業金融にたどり着きました。

現在の仕事の内容を教えてください。

 私が所属するJAバンク支援部は都下JAの信用事業をサポートする部署であり、その業務は事務処理等に関する相談・支援業務からJAの経営の健全性を確保するリスク管理業務と多岐に渡っています。なかでも私は相談・支援業務を担当しております。
 JAからの問い合わせ対応については、自分の回答が「JAバンク東京」の回答になるため責任は大きいですが、問い合わせに対し的確に回答できた際の達成感は大きいです。また、都下JA職員向け研修会の企画・実施しており、JAの業務支援や組合員・利用者から信頼される職員の育成に携わっています。
 2年目になり、後輩ができたことで、自分と違う感覚の相手に教える難しさを感じています。自分の1年目の時のことを思い返しながら、日々奮闘しているところです。先輩として、担当者として、より一層成長していきたいと思います。

オフの日の過ごし方を教えてください。

 学生時代に野球をやっていた縁で、会の野球部に参加しています。土曜、日曜は練習や試合があり、部署や年代を超えて部活動に取り組んでいます。この部署を超えたつながりが円滑に仕事をしていく手助けにもなっています。
 家でリラックスすることも大切です。自分の時間を自分のために使えてこそ、オン・オフの切り替えがスムーズにできると思います。

就職活動中の学生へ一言お願いします。

 過去の自身の選択・行動・経験の根底には業種や職種を考える際のヒントが必ずあるはずです。自分のこれからの30年、40年に関わることですから、悩み考えてしまうのは当たり前のことだと思います。自身が納得できる就職活動になることを願っています。